国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » 専門用語集 » 深溶込み溶接

深溶込み溶接

レーザー溶接は、その出力の程度により、どの程度の深度で融解されるかが異なります。溶ける深さは、加工・溶接にとって重要です。深く狭く融解される「深溶込み溶接」についてまとめました。

「深溶込み溶接」とは

レーザー溶接のうち出力が高く深いキーボールができる溶接方法を深溶込み溶接といいます。

熱伝導溶接と深溶込み溶接

レーザー溶接では、加工対象物の金属の蒸発により「くぼみ」ができます。この性質を利用して溶接するのがレーザー溶接です。形成される「くぼみ」は、出力の程度によって、深さが異なります。出力が低く「くぼみ」が浅い溶接方法は熱伝導溶接です。出力が高く「くぼみ」が深くなりキーホール化する溶接方法を深溶込み溶接といいます。

深溶込み溶接の用途

深溶込み溶接は、狭く深い溶け込みが特徴。母材の歪みを最小限に抑えられます。用途は、深い溶け込みを必要とする加工。複数板の母材を重ねて溶接する場合にも使われます。金属はもちろん、セラミックス、金属酸化物の処理も可能です。

レーザー加工機を導入したいなら
レーザー加工機比較

レーザー加工で使われる
専門用語集一覧

レーザー加工は、主に「切断」「マーキング」「溶接」「クリーニング」を目的に行われるもの。より多くの用途に使えるレーザー加工機を扱う国内の会社を、種類の多い順にピックアップしました(2021年3月調査時点)。
業界精通の博士がサポート
株式会社光響
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
18種 + 300

購入の相談はこちら

リース・サブスクを相談

パワーストーンも取り扱い
コマックス
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
11

製品購入はこちら

天然石情報を見る

機器販売・保守に対応
レーザーコネクト
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
5メーカー19

製品購入はこちら

サポート体制を詳しく