国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » 専門用語集 » ファイバレーザー

ファイバレーザー

ファイバケーブルは知っていても、ファイバレーザーとなると仕組みや原理を把握していないことが多いのではないでしょうか。ファイバレーザーとはそもそも何なのか、どんなメリットがあるのか確認してみてください。

ファイバーレーザーとは

ファイバレーザーとは特殊なファイバに光を通し、特定の波長を持った光を増幅し発生させるレーザーです。

光は細いファイバの中で、壁に反射しながら進んでいきます。そのとき、ファイバ中央にあるコアを通過することでレーザーとなります。

人の目で見える可視光の波長は380~800nmまで。

ファイバレーザーの波長は1070nmであり、これは赤外線に該当するため、人間の眼では可視できません。

ファイバレーザーのメリット

ファイバレーザーにはどのようなメリットがあるのか、わかりやすく解説します。

焦点の設定が容易

ファイバレーザーでは、レーザー光をファイバーによって直結することができます。
そのため対象までケーブルによってレーザーを誘導できるのが利点。
加工物への焦点設計が容易で、レーザー加工機に向いていると言えます。

冷却が容易

レーザーを発生させるファイバは一般的に細長いため、冷却しやすいというメリットが。

延長が容易

ファイバはケーブルを長くすることが簡単で、さらには高出力にも寄与します。

メンテナンスが容易

ファイバーレーザーはメンテナンスを省力化、もしくは不要で利用できます。

増幅効率に優れている

ファイバの中央を走る細いコアで光の誘導が行われ、レーザーを発生させる仕組みなので、増幅する効率が良いのが特徴です。

振動に強い

ファイバケーブルは振動に強いという性質を持っています。

ンパクト化可能

ファイバ自体が細長いことから、さまざまな形状にできる上、コンパクト化も可能です。

寿命が長い

寿命を長く保て、特に長寿命の半導体レーザーと組み合わせることでコストパフォーマンスをさらに向上させることができます。

レーザー加工機を導入したいなら
レーザー加工機比較

レーザー加工で使われる
専門用語集一覧

レーザー種別・用途に応じた
レーザー加工機3選
半導体・医療機器製造などの
微細加工なら
光響の
超高精密
フェムト秒レーザー
光響の超高精密フェムト秒レーザー
引用元:株式会社光響公式HP
https://www.symphotony.com/
半導体部材の多様化にジャスト対応

UV、グリーン、1μmの3波長を自動切り替え、パルス幅は340fsから10psまで可変。各種材料に合ったレーザー光の選択&適した非熱加工が行えます。

光響の公式HPで
超高精密フェムト秒レーザーの詳細を見る

自動車部品・建設資材などの
切断や穿孔なら
日酸TANAKAの
ファイバーレーザ
切断機【FMRⅢ】
日酸TANAKAのファイバーレーザ切断機【FMRⅢ】
引用元:日酸TANAKA公式HP
https://www.nissantanaka.com/
高水準の出力で作業効率アップ

20KWの高出力で20,000㎜/minを超える高速切断が可能、プラズマを上回る切断速度を実現。40㎜までの厚板切断に対応しています。

日酸TANAKAの公式HPで
ファイバーレーザ切断機
【FMRⅢ】の詳細を見る

看板や家具・インテリアなどの
非金属加工なら
smartDIYsの
CO2レーザー
【HL650R】
smartDIYsのCO2レーザー【HL650R】
引用元:smartDIYs公式HP
https://www.smartdiys.com/
微細処理で広がる創作の幅

木材・アクリルはもちろん、紙、樹脂、革まで幅広い対象物に刻印・切断が可能。つまようじほどの細かな対象物にも微細な処理を施すことができます。

smartDIYsの公式HPで
CO2レーザー【HL650R】の
詳細を見る