国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » 専門用語集 » テーラードブランク溶接

テーラードブランク溶接

レーザー溶接として、テーラードブランク溶接がおこなわれることがあります。美しい仕上がりになるレーザー溶接。ここでは、「テーラードブランク溶接」についてまとめました。

「テーラードブランク溶接」とは

板厚や材質など、種類の異なる複数の鋼板をプレス成形前に溶接して1 枚のブランクとしたものです。

ブランクとは?

一般的には空白の意味で使われる「ブランク」ですが、プレス加工の分野では、既成のサイズに切断された鋼鉄素材のことです。プレス加工の最初の工程が「ブランク」。この「ブランク」からさらに加工を加え、求められる形状を作ります。ブランクは、加工がしやすいように短形や台形などの形が多いです。

テーラードブランクの特徴

テーラードブランクは、異種鋼板をつなぎ合わせて作ったブランク。複数の鋼板を目的に合わせて溶接し、目的の形に「仕立てる」ことから、「テーラード」と呼ばれています。1枚の鋼板の中で、強度や防錆、重量などの特性を部分的に変えられるのがメリット。自動車ボディによく活用されています。

レーザー加工機を導入したいなら
レーザー加工機比較

レーザー加工で使われる
専門用語集一覧

レーザー加工は、主に「切断」「マーキング」「溶接」「クリーニング」を目的に行われるもの。より多くの用途に使えるレーザー加工機を扱う国内の会社を、種類の多い順にピックアップしました(2021年3月調査時点)。
業界精通の博士がサポート
株式会社光響
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
18種 + 300

購入の相談はこちら

リース・サブスクを相談

パワーストーンも取り扱い
コマックス
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
11

製品購入はこちら

天然石情報を見る

機器販売・保守に対応
レーザーコネクト
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
5メーカー19

製品購入はこちら

サポート体制を詳しく