国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » 専門用語集 » 可干渉性(コヒーレント)

可干渉性(コヒーレント)

レーザー加工に用いるレーザー光の特徴は色々あり、それらの特性を生かして製品などに利用しています。 こちらでは、レーザー光の特徴の一つである「コヒーレント(可干渉性)」について解説します。

コヒーレントとは

コヒーレントとは、レーザーの主な特徴である、単色性、指向性、可干渉性のうち、可干渉性のことを指します。

太陽光や蛍光灯などの自然光は、光波の位相やエネルギーがランダムであるため起こらないのですが、レーザー光は位相の揃った光です。位相が揃った光は、波長の波が揃ったときには強調され、半周遅れて合わさると、お互いを打ち消し合うという特徴があり、この特性を生かして様々な製品に利用されています。

一般的には、強度の等しい二つの波が重なって干渉する時にできる干渉縞の強度の極小値がゼロであるときがコヒーレント状態にあると言われています。

コヒーレント光の特徴と用途

レーザー光は、完全ではないがコヒーレント光と呼ばれることもあり、光が拡散しにくく、遠方まで届きやすい性質を持っています。

従来よりも多くの情報を光の速さで送信できるため、光ファイバやケーブルを使用した長距離通信などに利用されています。

レーザー加工機を導入したいなら
レーザー加工機比較

レーザー加工で使われる
専門用語集一覧

レーザー加工は、主に「切断」「マーキング」「溶接」「クリーニング」を目的に行われるもの。より多くの用途に使えるレーザー加工機を扱う国内の会社を、種類の多い順にピックアップしました(2021年3月調査時点)。
業界精通の博士がサポート
株式会社光響
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
18種 + 300

購入の相談はこちら

リース・サブスクを相談

パワーストーンも取り扱い
コマックス
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
11

製品購入はこちら

天然石情報を見る

機器販売・保守に対応
レーザーコネクト
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
5メーカー19

製品購入はこちら

サポート体制を詳しく