国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » 専門用語集 » コンプレッサー

コンプレッサー

レーザー加工には、作業のアシストをする機械も多くあり、それぞれに役割をもっています。こちらでは、そのひとつである「コンプレッサー」について解説します。

コンプレッサーとは

コンプレッサーは、「空気圧縮機」とも呼ばれる機械で、用途は圧縮した空気を動力源にする各種の空気圧利用機器に使用したり、加工面に吹き付けたりします。

加工用途によって必要な圧力や空気、エアーの品質が異なるので、コンプレッサーと一口にいってもその種類は様々です。

コンプレッサーの種類

コンプレッサーは大きくターボ型と容積型に分類されますが、それぞれにまた枝分かれして分類されます。

ターボ型は、更に軸流式と遠心式に分かれます。 容積型は、往復式と回転式に分類され、更に細かく分けられます。その他、圧縮段数や潤滑・シール方式、冷却方式、制御方式など、加工用途それぞれに対応した機種が存在します。

レーザー加工時には、基本的にオイルフリーのものを使用します。

レーザー加工機を導入したいなら
レーザー加工機比較

レーザー加工で使われる
専門用語集一覧

レーザー種別・用途に応じた
レーザー加工機3選
半導体・医療機器製造などの
微細加工なら
光響の
超高精密
フェムト秒レーザー
光響の超高精密フェムト秒レーザー
引用元:株式会社光響公式HP
https://www.symphotony.com/
半導体部材の多様化にジャスト対応

UV、グリーン、1μmの3波長を自動切り替え、パルス幅は340fsから10psまで可変。各種材料に合ったレーザー光の選択&適した非熱加工が行えます。

光響の公式HPで
超高精密フェムト秒レーザーの詳細を見る

自動車部品・建設資材などの
切断や穿孔なら
日酸TANAKAの
ファイバーレーザ
切断機【FMRⅢ】
日酸TANAKAのファイバーレーザ切断機【FMRⅢ】
引用元:日酸TANAKA公式HP
https://www.nissantanaka.com/
高水準の出力で作業効率アップ

20KWの高出力で20,000㎜/minを超える高速切断が可能、プラズマを上回る切断速度を実現。40㎜までの厚板切断に対応しています。

日酸TANAKAの公式HPで
ファイバーレーザ切断機
【FMRⅢ】の詳細を見る

看板や家具・インテリアなどの
非金属加工なら
smartDIYsの
CO2レーザー
【HL650R】
smartDIYsのCO2レーザー【HL650R】
引用元:smartDIYs公式HP
https://www.smartdiys.com/
微細処理で広がる創作の幅

木材・アクリルはもちろん、紙、樹脂、革まで幅広い対象物に刻印・切断が可能。つまようじほどの細かな対象物にも微細な処理を施すことができます。

smartDIYsの公式HPで
CO2レーザー【HL650R】の
詳細を見る