国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » 専門用語集 » 発振器

発振器

「発振器」とはレーザー加工機に内蔵されている光の増幅装置のこと。レーザーや素材ごとにいくつか種類があるので紹介します。

発振器とは

発振器はレーザー加工機において車のエンジンのような部分です。

発振器とは名称の通りレーザー光を発振する装置のことですが、レーザー光の波長や出力によって用途が選別されています。

一般的に用いられるのはCO2レーザーやYAGレーザーなど。

発振器の種類

レーザー発振器を大別すると、金属やセラミック製のものと、ガラス製のものがあります。

金属・セラミック製の発振器は主に産業用レーザーに使われており、高性能。

そのため手軽に使うことはできず、レーザー加工機が小型だと内蔵するにはコストパフォーマンスが良くありません。

一方、ガラス製の発振器は軽量で、しかも消費電力を抑えられという利点が。

その他、レーザーごとに発振器も異なる種類があります。

CO2レーザー発振器

CO2レーザーはレーザー加工機の中でも代表的なもの。実際、レーザー加工機ではシェア最多と言われています。加工の対象となる素材には幅広く対応でき、比較的に低価格なのも魅力です。
そんなCO2レーザーに搭載されている発振器は、内部でCO2(二酸化炭素)・N(窒素)・He(ヘリウム)を混合し、エネルギーを発生させています。

YAGレーザー発振器

固体レーザーである「YAGレーザー」にも発振器が用いられています。
Y(イットリウム)・A(アルミニウム)・G(ガーネット)から構成されたYAG結晶に微量のNd(ネオジム)を添加、レーザー光を増幅して出力します。

ファイバーレーザー発振器

「ファイバーレーザー」とは光ファイバーの中で特定の光の波長を増幅させる装置です。
電源も発振器のスペースも小さく済むことから、ファイバーレーザー加工機自体の小型軽量化が可能です。

レーザー加工機を導入したいなら
レーザー加工機比較

レーザー加工で使われる
専門用語集一覧

レーザー加工は、主に「切断」「マーキング」「溶接」「クリーニング」を目的に行われるもの。より多くの用途に使えるレーザー加工機を扱う国内の会社を、種類の多い順にピックアップしました(2021年3月調査時点)。
業界精通の博士がサポート
株式会社光響
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
18種 + 300

購入の相談はこちら

リース・サブスクを相談

パワーストーンも取り扱い
コマックス
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
11

製品購入はこちら

天然石情報を見る

機器販売・保守に対応
レーザーコネクト
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
5メーカー19

製品購入はこちら

サポート体制を詳しく