国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » レーザー加工機を導入するメリット・デメリット » レーザー加工機導入による「売上アップ」

レーザー加工機導入による「売上アップ」

このページでは、レーザー加工機を導入して売上アップを目指せる理由やポイントをまとめて解説しています。レーザー加工機の導入メリットや導入する製品を比較検討する際の参考にしてください。

レーザー加工機導入によって売上アップが叶えられる理由

生産数が増加する

レーザー加工機の導入は作業効率の向上と、加工業務の属人化を解消することに繋がります。生産力を強化して製品の生産数を増やしていくことが可能です。単純計算として、同じ時間あたりに生産できる製品の数量が増えれば売上も上昇していくため、レーザー加工機の導入によって売上アップを叶えられます。

多品種少量生産に対応しやすくなる

手作業による金属加工や板金加工では難しかった作業が、レーザー加工機の導入によって実現できるようになるかも知れません。

レーザー加工機は金型を必要としないため、あらかじめ金型を用意する必要がある作業についてもイニシャルコストの削減が可能です。

金型製作のコストを削減することで、細かなオーダーに対しても利益を確保したサービスが提供できるようになります。多品種少量生産に対応できる環境が整うのです。

生産コストを削減できる

レーザー加工機の導入は金型製作によるコストの削減だけではなく、効率的な作業プランの実行による歩留まり率の改善も見込めます。

またレーザー加工機は非接触式加工であり、金属素材が工具に触れることによる摩耗・破損のリスクがほとんどありません。加工機のメンテナンス費用や修理費用などのランニングコストも削減が可能です。

商談機会が増える

レーザー加工機の導入は物理的に対応可能な加工の範囲や商品の幅を広げられるため、クライアントのニーズに対して様々な手段でアプローチができるようになるでしょう。

今までカバーできなかった範囲の依頼に対しても商談に応じる機会を得られるので、売上の向上が見込めるようになります。

他社と差別化できる

手作業による加工サービスだけでなく、レーザー加工機による加工も併せて提供することで、金属加工に関するサービス提供の幅を広げてクライアントへのアピールに繋げられます。

機能金属加工や非金属加工に関する専門業者としてのプロモーション戦略、もしくは単純な加工品質によって他社と差別化ができれば、利益率の向上が図れるでしょう。

新規事業の立ち上げや新商品の開発に適している

レーザー加工機の良さとして、操作の手軽さと加工できる素材の種類が多いことが挙げられます。商品の開発に際し、手作業では難しかった加工なども簡単に行えるので、導入前よりも新しい企画やアイデアを実現しやすくなります。

また新しい事業をスタートする際に、最初から潤沢な予算を投入できるというケースは少ないでしょう。レーザー加工機は少ない数の生産でもコストを抑えられるので、実際に試作や見本を作りながらの開発が可能です。クライアントに具体的な見本を見せることで、改善案や商談が話しやすくなる効果も期待できます。

商品に付加価値を与えられる

例えば「熟練の技術者による手作業」という宣伝文句が製品やサービスのアピールへつながる一方、「人の手作業では再現困難な高精度加工にも対応」といったアピールポイントで顧客へアプローチしていくことも可能です。

事実として、高性能なレーザー加工機であれば従来の手作業では実現困難と思われそうな精密加工でも再現できる可能性があり、加工の工程そのものが商品に付加価値を与えて魅力アップへつながるかも知れません。

レーザー加工は、主に「切断」「マーキング」「溶接」「クリーニング」を目的に行われるもの。より多くの用途に使えるレーザー加工機を扱う国内の会社を、種類の多い順にピックアップしました(2021年3月調査時点)。
業界精通の博士がサポート
株式会社光響
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
18種 + 300

購入の相談はこちら

リース・サブスクを相談

パワーストーンも取り扱い
コマックス
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
11

製品購入はこちら

天然石情報を見る

機器販売・保守に対応
レーザーコネクト
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
5メーカー19

製品購入はこちら

サポート体制を詳しく