国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » 専門用語集 » 半導体レーザー

半導体レーザー

よく耳にすることはあっても、「半導体」と聞いて正確に説明できる人は少ないと思います。そもそも半導体とは何か、その半導体を使ったレーザーについても、ここではわかりやすく解説いたします。

半導体レーザーとは

半導体レーザーとは、半導体をもとにして作られた回路素子(電気回路の構成要素)のこと。
そこに電流を流し、発生したレーザーを指します。

ダイオードレーザーやレーザーダイオードという名称で呼ばれることも少なくありません。

発光する仕組みはLED(発光ダイオード)と同じで、レーザーを照射するには、まず光を共振させる「共振器」が必要となります。

白熱電球と比較すると、半導体レーザーやLEDとの違いがわかりやすくなります。

白熱球は電気をまず熱エネルギーに変換し、そこに光が生まれる仕組みです。

対して半導体レーザーやLEDは、熱エネルギーへの変換を行わず、電気から直接光を発生させているのです。

こうした半導体レーザーの性質は、さまざまな分野でのメリットとして受けとめられ、普及をしています。

半導体レーザーのメリット

半導体レーザーのデメリット

レーザー加工機として半導体レーザーはメリットも多いのですが、デメリットも存在します。

それは、光沢のある物や透明な物、白色や青色をしている素材への加工に向かないことです。

これは、レーザーの波長が原因。

半導体レーザーは、人の目で見て透明な物や白い物に対し、レーザーが透過、または反射してしまうのです。

レーザー加工機を選ぶ際には、出力や操作性だけでなく、主にどんな物体や素材を加工したいのかも視野に入れておきましょう。

レーザー加工機を導入したいなら
レーザー加工機比較

レーザー加工で使われる
専門用語集一覧

レーザー加工は、主に「切断」「マーキング」「溶接」「クリーニング」を目的に行われるもの。より多くの用途に使えるレーザー加工機を扱う国内の会社を、種類の多い順にピックアップしました(2021年3月調査時点)。
業界精通の博士がサポート
株式会社光響
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
18種 + 300

購入の相談はこちら

リース・サブスクを相談

パワーストーンも取り扱い
コマックス
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
11

製品購入はこちら

天然石情報を見る

機器販売・保守に対応
レーザーコネクト
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
5メーカー19

製品購入はこちら

サポート体制を詳しく