国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » レーザー加工機を導入するメリット・デメリット » レーザー加工機導入による「差別化」

レーザー加工機導入による「差別化」

このページでは、レーザー加工機によって同業他社との「差別化」を叶えるポイントについて解説しています。レーザー加工機の導入メリットを追求するためにも、レーザー加工機で差別化を進められる理由を把握しておきましょう。

レーザー加工機導入によって差別化が叶えられる理由

品質が向上するため

レーザー加工機を活用すると、最初にきちんとパラメータ設定やティーチングを完了しておけば、従来の機械加工や手作業では実現困難だった緻密なデザインのレーザー彫刻や精密な切断加工などを追求していけるようになります。

レーザー加工機を導入しているからこそ実現できる加工サービスがあるということは、それだけでもそうでない同業他社との差別化を叶えることにつながります。

短納期での対応が可能となるため

レーザー加工では準備作業としての金型を製作が不要になり、実際の加工作業へとスムーズに進めることが重要です。また、条件によっては加工後の研磨作業や仕上げ作業を省略することもできるため、工期を全体的に圧縮できます。

これにより、従来加工と比較して短納期ニーズへ応えられるようになり、自社の強みとしてアピールしていくことも可能です。

小ロット対応が可能となるため

金型を必要としないレーザー加工機であれば、小ロット対応や試作1個といったオーダーにも柔軟に応えられるようになります。

また、レーザー加工機の設定条件を変更することで加工の種類や対応可能な素材の幅も広がっていくため、多品種少量生産を叶えやすくなるでしょう。

コストを抑えつつ試作を依頼したいといった注文にも対応できるサービス体制は魅力です。

さまざまな付加価値をプラスできるため

単にワークを切断したり溶接したり、また指定のデザインを彫刻するといった単発のサービスを提供するのでなく、様々なサービスや加工を組み合わせてオーダーメイドのプランを提案できることがポイントです。

品質向上に加えて短納期や低コスト化といった複数のニーズへ応じやすくなる環境は、顧客へ提供する付加価値を拡大していく上で欠かせません。

レーザー加工は、主に「切断」「マーキング」「溶接」「クリーニング」を目的に行われるもの。より多くの用途に使えるレーザー加工機を扱う国内の会社を、種類の多い順にピックアップしました(2021年3月調査時点)。
業界精通の博士がサポート
株式会社光響
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
18種 + 300

購入の相談はこちら

リース・サブスクを相談

パワーストーンも取り扱い
コマックス
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
11

製品購入はこちら

天然石情報を見る

機器販売・保守に対応
レーザーコネクト
切断
マーキング
溶接
クリーニング
-- 取り扱い機種 --
5メーカー19

製品購入はこちら

サポート体制を詳しく