国内のレーザー加工機メーカー代理店情報まとめ » 専門用語集 » マーキング剤

マーキング剤

レーザー加工において使用されるマーキング剤の種類や特徴、人体に対して有害性のあるマーキング剤を安全に利用するためのポイントなどをまとめて解説しています。レーザー加工機と合わせて比較する際の参考にしてください。

マーキング剤とは

レーザー加工でマーキングを行う際に、あらかじめ金属素材の表面などに塗布してマーキング加工の精度を高めるための薬品をマーキング剤と言います。

マーキング剤には液体やペースト状になっていて素材表面に塗布するものから、スプレーで噴霧するもの、さらにはテープで必要な部分へ貼り付けるといったものまであり、用途やコストなどに応じて使い分けが可能です。

マーキング剤は特にCO2レーザーで加工を行う際に必要であり、マーキング剤がなければ材料が変形を起こすなど、適切な加工が施せない場合があります。

液体タイプ/ペーストタイプのマーキング剤

ペーストタイプのマーキング剤は、原液を水やアルコールで希釈し、筆などを使って加工対象の表面に塗布する必要があります。使用に手間がかかり、かつ希釈比率や塗る量によって仕上がりに差が出るため、使いこなすのには時間がかかるでしょう。ただし適切に使用できれば、原液の調整によってランニングコストを下げたり、マーキングの品質を向上させることが可能です。

なお加工後は余分なマーキング剤を洗浄して、除去した後に仕上げを行わなければなりません。

テープタイプのマーキング剤

あらかじめ薬剤が塗布されているテープをハサミで切り取り、加工部分へ貼り付けて使うタイプのマーキング剤です。

すでに加工範囲が決まっており、テープが貼りやすい箇所の場合は効率良くマーキングを行えます。仕上がりの品質を一定に保ちやすいことも特徴です。

テープタイプもペーストやスプレータイプと同じく、加工後は剥がして水で洗い流す必要があります。

スプレータイプのマーキング剤

対象部位へマーキング剤を噴霧するタイプです。ペーストタイプやテープタイプと比較して、手軽に均一な塗布ができます。ですが不要な範囲にまでマーキング剤が噴霧されてしまうため、ロスが多いというデメリットもあります。作業効率は良いですが、少量生産などコストをかけたくない場合には適していません。

マーキング剤の選び方

どのようなマーキング剤を選ぶかは、生産量や加工範囲、予算など様々な項目に応じて決めることが大切です。また作業員の好みや経験、技術量に応じて選ぶ場合もあります。

一般的にはペーストタイプ/液体タイプのマーキング剤が広く利用されていますが、実際にマーキング剤を選ぶ際にはそれぞれのマーキング剤を試してみて、個々の特性やメリット・デメリットを把握した上で決めると良いでしょう。

レーザー種別・用途に応じた
レーザー加工機3選
半導体・医療機器製造などの
微細加工なら
光響の
超高精密
フェムト秒レーザー
光響の超高精密フェムト秒レーザー
引用元:株式会社光響公式HP
https://www.symphotony.com/
半導体部材の多様化にジャスト対応

UV、グリーン、1μmの3波長を自動切り替え、パルス幅は340fsから10psまで可変。各種材料に合ったレーザー光の選択&適した非熱加工が行えます。

光響の公式HPで
超高精密フェムト秒レーザーの詳細を見る

自動車部品・建設資材などの
切断や穿孔なら
日酸TANAKAの
ファイバーレーザ
切断機【FMRⅢ】
日酸TANAKAのファイバーレーザ切断機【FMRⅢ】
引用元:日酸TANAKA公式HP
https://www.nissantanaka.com/
高水準の出力で作業効率アップ

20KWの高出力で20,000㎜/minを超える高速切断が可能、プラズマを上回る切断速度を実現。40㎜までの厚板切断に対応しています。

日酸TANAKAの公式HPで
ファイバーレーザ切断機
【FMRⅢ】の詳細を見る

看板や家具・インテリアなどの
非金属加工なら
smartDIYsの
CO2レーザー
【HL650R】
smartDIYsのCO2レーザー【HL650R】
引用元:smartDIYs公式HP
https://www.smartdiys.com/
微細処理で広がる創作の幅

木材・アクリルはもちろん、紙、樹脂、革まで幅広い対象物に刻印・切断が可能。つまようじほどの細かな対象物にも微細な処理を施すことができます。

smartDIYsの公式HPで
CO2レーザー【HL650R】の
詳細を見る